東京メトロ,南北線などで「時差Bizトレイン」を7月下旬に運転

東京メトロ13000系

写真:東京地下鉄13000系  編集部撮影  千住検車区にて  2016-8-31(取材協力:東京地下鉄)

東京地下鉄(東京メトロ)は,2019(令和元)年7月22日(月)から31日(水)までの平日8日間,早朝時間帯において,臨時列車「時差Bizトレイン」を運転すると発表した.

 これは,『2020東京オリンピック・パラリンピック』に向けて,東京都のテレワーク・2020TDM推進プロジェクト・時差Bizを総称した「スムーズビズ」の取組みの一環.早朝時間帯の臨時列車の運転は,日比谷線,半蔵門線,南北線の計3路線において実施し,平日6時から7時台に計5本の臨時列車を運転する.
 日比谷線では北千住6:23発→霞ケ関6:52着の普通列車1本が「時差Bizトレイン」として運転される.

半蔵門線では,東急田園都市線から直通する渋谷6:44発→押上7:15着の「時差Bizライナー」1本と,押上7:25発長津田行き(渋谷7:56着)の普通列車が運転される.なお,半蔵門線の「時差Bizライナー」は,東急田園都市線の中央林間・長津田・あざみ野・溝の口・渋谷に停車し,半蔵門線内は各駅に停車する.

東京メトロ9000系5次車

写真:東京地下鉄9000系5次車  編集部撮影  綾瀬検車区にて  2009-2-4(取材協力:東京地下鉄)

 南北線では,王子神谷6:42発→白金高輪7:21着と,白金高輪7:19発→鳩ケ谷8:02着(市ケ谷—鳩ケ谷間は通常ダイヤ)の普通列車2本が「時差Bizトレイン」として,それぞれ運転される.
 また,この「時差Biz」にあわせて,オフピーク通勤(通学)を目的とした「オフピークプロジェクト」,混雑状況の見える化,東京メトロ運営施設での限定キャンペーン・イベント,「サテライトオフィスサービス」実証実験の継続実施などの取組みを実施する.

※写真はすべてイメージです.