「富士急行線開業90周年記念車両」,6月22日から運転

6月22日から「富士急行線開業90周年記念車両」を運転

富士急行では,大月—富士吉田(現:富士山)間の開業90周年を記念して,2019(令和元)年6月22日(土)から「富士急行線開業90周年記念車両」の運転を開始すると発表した.

 記念車両は,6000系(3両1編成)を使用し.外観は市松柄とグラデーションの和モダンを基調とし,世界遺産「富士山」の雄大で優美な姿を金色で表現した.

6月22日から「富士急行線開業90周年記念車両」を運転

 内装は,床やつり革など随所に木を使用し,カーテンとモケット(シート布地)は富士山柄をあしらった,本車両のオリジナルデザインとした.さらに,車内には大形のキャリーケースを収納することができる荷物棚を,富士急行の車両で初めて設置し,富士山エリアの観光利用者の利便性向上を図った.
 列車は,おもに普通列車として,大月—河口湖間で運転される.

写真はいずれも富士急行提供