京急グループ11社,9月17日からみなとみらい21地区の新本社ビルに移転
建物名称は「京急グループ本社」に

京急グループ11社,9月17日からみなとみらい21地区の新本社ビルに移転

京浜急行電鉄をはじめとする京急グループ11社は,みなとみらい21中央地区56-1街区(神奈川県横浜市西区高島1-2-8)に建設を進めている新本社ビルに,2019(令和元)年9月17日(火)から順次移転すると発表した.

 新本社ビルは高さ85.55m,地下2階・地上18階・塔屋1階で敷地面積2603.91m².ビルの名称は「京急グループ本社」とし,グループ企業11社・約1200名を集約し,グループの業務効率の向上を図るとともに,グループ内のさらなる連携を強化する.また,付帯施設として,京急グループの企業ミュージアム「京急ミュージアム(仮称)」と子育て支援施設として認可保育所を併設する.
 横浜エリアは,同社の前身である京浜電気鉄道と湘南電気鉄道が結節した歴史ある地であり,同社沿線の中間にも位置することから,司令塔の役割として沿線の活性化を実現するためのエリア戦略をリードするとしている.また京急グループは,長期ビジョンの中で,品川,羽田との結びつきをさらに強化しながら,京急グループ本社を拠点に,国際都市・横浜,都市近郊リゾート三浦など沿線全体の活性化に努めるとし,今後も京急グループ本社への移転に向けて各種施策を検討する.
 なお,対象となるグループ企業の移転は,10月28日(月)までに完了する予定.

写真:京浜急行電鉄のニュースリリースから