水島臨海鉄道でキハ37形・キハ38形による多客対応

access_time
2019年5月5日掲載
水島臨海鉄道でキハ37形・キハ38形による多客対応

水島臨海鉄道では,倉敷美観地区周辺で開催されている「ハートランド倉敷」のイベントにあわせて2019(令和元)年5月2日(木休)から6日(月休)まで,国鉄形気動車の2両編成による列車が運転されています.
 水島臨海鉄道色(キハ37 101+キハ37 102)と国鉄色(キハ37 103+キハ38 104)の2編成が,倉敷市—三菱自工前間を各5往復(国鉄色の下り2本と上り1本は倉敷市—水島間のみ運転)しています.
 なお,国鉄色の編成には「令和」のヘッドマークが掲出されています.

写真:弥生にて 2019-5-4
投稿:渡辺 始