ビコム,「相模鉄道20000系 4K撮影作品」を4月21日に発売

ビコム,「相模鉄道20000系 4K撮影作品」を4月21日に発売

ビコムでは,「相模鉄道20000系 4K撮影作品」を2019(平成31)年4月21日(日)に発売します.
 本作は,相鉄本線・いずみ野線を営業し,「連続立体交差事業」や「都心直通プロジェクト」など未来へ向け進化を続ける相模鉄道について,2018(平成30)年冬を中心に全線を記録しました.また,前面展望シーンは,20000系特急にカメラを搭載し,2018(平成30)年11月に星川—天王町間の高架化が完了した相鉄本線を往復で収録.特急ならではの走りで,駅間を軽快に駆け抜けます.
 横浜市西部の丘陵地帯を走るいずみ野線では,特急と各停に乗車.地下区間や堀割,トンネル,高架橋,横浜市営地下鉄ブルーラインとの並走などさまざまな表情に富む路線のようすが収録されています.
 映像特典には,前述の高架化工事完了直前の上り線展望(湘南台—横浜間)を収録しており,路線や風景の比較はもちろんのこと,星川—天王町間の上り線高架化切替当日のようすや,ふだん見ることができない厚木線の前面展望,20000系の紹介など,盛りだくさんの内容を収録しています.

■ビコム ワイド展望 相模鉄道20000系 4K撮影作品
収録 Disk1:本編122分+Disk2:特典67分
価格 本体5500円(+税)
発売日 2019年4月21日
ご案内 相模鉄道20000系 4K撮影作品(ビコムWEBサイト)
■ビコム ブルーレイ展望 相模鉄道20000系 4K撮影作品
収録 本編122分+特典67分
価格 本体5500円(+税)
発売日 2019年4月21日
ご案内 相模鉄道20000系 4K撮影作品【ブルーレイ】(ビコムWEBサイト)