東急・東京メトロ,渋谷駅の案内誘導サインを改良

東急・東京メトロ,渋谷駅の案内誘導サインを改良

写真:渋谷ヒカリエ2改札(百々貴俊撮影)

東京急行電鉄と東京地下鉄(東京メトロ)は,2019(令和元)年11月に,東横線・田園都市線・半蔵門線・副都心線渋谷駅(以下,渋谷駅)地下出入口番号を変更するとともに,案内誘導サインを改善すると発表した.

 これは,渋谷駅前サインガイドラインにもとづき,渋谷駅中心地区の再開発などの進ちょくにあわせて実施するもので,1977(昭和52)年の渋谷駅地下駅の開業以来初めての取組みとなる.
 従来の地下出入口番号は,道玄坂方面から渋谷警察署方面に向かって順次番号付けを実施していたが,出入口の移設や増設などにともない,新たな案内誘導の考え方が必要となり,今回の改良となった.

東急・東京メトロ,渋谷駅の案内誘導サインを改良

図:エリア分けイメージ(東京急行電鉄提供)

 新しい地下出入口番号は,渋谷駅の駅周辺整備が完了する2027(令和8)年度のまちの将来像を見据えて,A〜Dの4つのエリアに分け,各出入口の数字を組み合わせて表記する.エリア分けは,まちの特徴にあわせて,道玄坂方面をAエリア,宮益坂方面をBエリア,渋谷警察署方面をCエリア,桜丘方面をDエリアとする.エリア制を導入することで,おおまかな行き先から出入口を想起しやすくするとともに,各エリアにおける数字の番号付けは,今後の駅中心地区の再開発などによる地下出入口の新設に対応するため,外周部から中心部に向けて実施する.なお,新しい地下出入口番号の割り当ては,2019(令和元)年夏ごろに発表される予定.
 また,今回の出入口番号の変更にあわせて,駅周辺の各誘導サインや案内マップについても,JR東日本や京王電鉄など関係事業者の協力により,適宜更新を実施することで,連続した分かりやすい歩行者ルートの案内を実現する.