渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟),11月に開業

渋谷スクランブルスクエア(宮益坂交差点方面より望む) 

渋谷スクランブルスクエア,東京急行電鉄,JR東日本,東京地下鉄(東京メトロ)は,大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」の開業時期を,2019(令和元)年11月に決定したと発表した.

渋谷スクランブルスクエア(宮益坂交差点方面より望む)

屋上からの眺望(スクランブル交差点・夜)

屋上からの眺望(スクランブル交差点・夜)

 施設は,渋谷エリアで最も高い約230m・地上47階建てで,45階・46階に展望施設「SHIBUYA SKY」を整備する.「SHIBUYA SKY」は,渋谷最高峰約230mのパノラマビューとともに,日本最大級の屋上展望空間(約2500m²)となるほか,演出プランナーには,数多くのプロジェクトで世界的な注目を集めるクリエイティブ集団・株式会社ライゾマティクスの「ライゾマティクスデザイン」部門を採用.渋谷上空でしか見ることができない眺望体験と,空間演出の融合によって想像力を刺激し,既存の展望施設の概念を超える新しい体験を提供する.なお,本プロジェクトは,ライゾマティクスが施設の演出を担当したプロジェクトの中で,過去最大規模となる.

 渋谷最大級の広さ(総賃貸面積約73000m²,基準階面積最大約2,900m²/約870坪)を誇るオフィスでは,全27フロアのリーシングが完了した.オフィスには,渋谷を拠点に発展したIT関連企業を中心に,日本の成長をけん引する企業が集結する.すべてのフロアから都心の眺望を堪能でき,先進オフィスにふさわしい環境を備える.
 15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS」は,会員制の施設として,2019(令和元)年7月から会員募集を開始する.会員向けオリジナルプログラム「QWS Program」を「出会う」「磨く」「放つ」の3つのフェーズに分け,大学をはじめとする多様なプレイヤーと連携して提供することで,新たな価値の創造とクリエイティブ人材の育成を目指す.
 地下2階から14階の商業施設では,4月10日(水)から3階,7階,12階,計3ヵ所のイベントスペースの問合せ窓口を開設する.3階は,渋谷駅や歩行者デッキなどをつなぐ縦軸空間「アーバン・コア」がのぞむことができ,7階は,吹き抜けのあるオープンスペースとしてカフェを併設し,体験形のイベントやオリジナルメニューの提供も可能とした.12階はレストランフロアに位置し,約250m²の広さに加え,本格的な厨房・音響設備を備えており,「食」をテーマにしたイベントなどに最適なスペースとなる.

渋谷駅からのアクセス

渋谷駅からのアクセス

 また,渋谷駅や歩行者デッキなどをつなぐ縦軸空間「アーバン・コア」は,エレベータやエスカレータにより,すり鉢地形である渋谷の地下から地上への縦移動を便利にし,街の回遊性をさらに高めるとしている.
 なお,施設の詳細などは,オフィシャルティザーWEBサイト(https://www.shibuya-scramble-square.com)でも確認できる.