甲子園駅の列車接近メロディが期間限定で「世界に一つだけの花」に

甲子園駅の列車接近メロディが期間限定で「世界に一つだけの花」に

阪神電気鉄道は,2019(平成31)年3月23日(土)から,『第91回選抜高等学校野球大会』が阪神甲子園球場で開催されることにあわせ,大会期間中,甲子園駅の列車接近メロディを,「世界に一つだけの花」(作詞作曲:槇原敬之氏)に変更すると発表した.
 これは,大会の入場行進曲に槇原敬之氏の「どんなときも。」と「世界に一つだけの花」が選ばれたことにあわせたもので,このうち「世界に一つだけの花」を列車接近メロディのためにアレンジして使用する.
 甲子園駅の列車接近メロディが高校野球大会に関連した曲に変更されるのは,春の大会では今回が5回目となる.
 列車接近時には歌のサビの部分が10秒間放送される.このメロディ変更は高校野球大会終了日である4月3日(水)(予定)の終電までの期間限定となる.

写真:阪神電気鉄道のニュースリリースから

2019年3月9日掲載