E257系2000番台が配給輸送される

access_time
2019年3月8日掲載
E257系2000番台が配給輸送される

JR東日本では,2019(平成31)年3月7日(木),E257系2000番台9両が,長野総合車両センターから大宮まで配給輸送されました.けん引は長岡車両センター所属のEF64 1032が担当しました.
 今回輸送されたのは,もと松本車両センター所属のE257系M-112編成を,長野総合車両センターで改造したもので,1号車からクハE256-2012+モハE256-2112+モハE257-2112+サロE257-2012+サハE257-2012+モハE257-3012+モハE256-2012+モハE257-2012+クハE257-2112で,所属区表記は「宮オオ」,乗務員室扉などに「NA-09」の表記があることから,大宮総合車両センター所属のNA-09編成となるものと思われます.
 輸送途中には,“あずさ”に充当されているE257系とも顔を合わせるシーンが見られました.

写真:上諏訪にて 2019-3-7
投稿:上原 拓也