広島更新色ふうのEF64形同士が重連で運用される

access_time
2019年3月8日掲載
広島更新色のEF64形同士が重連で運用される

JR貨物では,2019(平成31)年2月下旬から広島更新色ふう塗装のEF64 1046(稲沢方)+EF64 1049(南松本方)が中央本線などで総括重連の運用に入っています.
 広島更新色塗装のEF64形は現在上記の2両のみであり,愛知機関区所属のEF64形は篠ノ井線・東海道本線・伯備線などの単機けん引運用もあるため,この2両による重連組成は珍しい光景です.
 なお,前々回の2017(平成29)年5月は1エンド側同士,前回の2017(平成29)年12月はエンドぞろいでの連結でしたが,今回は2019(平成31)年3月6日(水)現在,2エンド側同士で連結されています.

写真:南松本—平田間にて 2019-3-6
投稿:我妻 裕明