湘南モノレール,3月21日から富士見町駅下り新駅舎の供用を開始

access_time
2019年3月7日掲載
湘南モノレール,富士見町駅下り新駅舎を3月21日から供用開始

湘南モノレールは,富士見町駅下り(江の島方面行き)新駅舎の供用を,2019(平成31)年3月21日(木)始発から開始すると発表した.
 富士見町駅は,ホームや階段などの駅施設が上り下り別々で,上り駅施設については, 2017(平成29)年3月28日から,ホーム幅を一部拡幅,エレベータの供用が開始されている.下り駅施設については,2017(平成29)年に新駅舎建設用地を取得し,2018(平成30)年9月に工事に着手していた.新駅舎は,エレベータ,階段やコンコースなどを備え,バリアフリー化が行なわれている.今回の新駅舎開業にともない,現在使用されている階段については利用ができなくなる.

写真:湘南モノレールのニュースリリースから