×

京王,3月16日から下北沢駅で対話形AI窓口案内ロボの試験運用を開始
運賃表一体形デジタルサイネージ・駅総合案内デジタルサイネージの運用も開始

access_time
2019年3月7日掲載
京王,3月16日から下北沢駅で対話形AI窓口案内ロボの試験運用を開始

京王電鉄では,2019(平成31)年3月16日(土)の井の頭線下北沢駅の中央改札口新設にあわせて,音声による対話形AIエンジンを搭載した窓口案内ロボ(以下:AIロボ)や,運賃表一体形デジタルサイネージ,駅総合案内デジタルサイネージの運用を開始すると発表した.これらは,多様化する利用客のニーズにスピーディに応えることを目的に設置されるもので,同社では初めての導入となる.

 AIロボは,利用客からの乗換案内や構内・周辺案内,運行情報などの問合せに対して,音声とディスプレイ表示を通して回答するほか,利用客により親しみをもってもらえるよう,対話へのうなずきや体や腕の動作により案内する.さらに,多くの利用客が行き交う雑踏環境下でも正確に音声を集音して言葉を認識し,利用客との対話を重ねるにつれ,新入社員から駅長を目指して成長していく.なお,3月16日(土)10時からは,AIロボの入社式も実施される.

運賃表一体形デジタルサイネージ

運賃表一体形デジタルサイネージのイメージ

 運賃表一体形デジタルサイネージは,下北沢駅中央口の券売機上に49インチ×4面のディスプレイを設置し,デジタル表示により運賃表部分の明度差が鮮明に表示される.また,井の頭線下北沢駅周辺のリアルタイムな列車走行位置情報や,異常時には多言語に対応した情報提供を行なう.

駅総合案内デジタルサイネージ

駅総合案内デジタルサイネージのイメージ

 駅総合案内デジタルサイネージは,同じく下北沢駅中央口に46インチのディスプレイを設置する.ディスプレイはタッチパネル式で,乗換案内や構内・周辺案内は多言語表示(日・英・中・韓)にも対応している.

写真はいずれも京王電鉄提供