鹿児島市交7500形2次車が営業運転を開始

鹿児島市交7500形2次車が営業運転を開始

鹿児島市交通局では,2019(平成31)年3月1日(金)から,鹿児島市交通局では,7500形「ユートラムⅢ」(リトルダンサーX)の2次車にあたる7503号車,7504号車2両が営業運転を開始しました.
 この2両は,2019(平成31)年1月28日(月)に,アルナ車両から同局の神田(上荒田町)にある車両基地に搬入され,その後,鹿児島市交通局の全線にて試運転を実施し,性能確認を行なっていたもので,7500形はこれで4両となります.
 今回の2次車は,車体側面の客席上部の窓を押し出し式から引き違い式とし,連節部の幌の色彩変更(グレーからブラックへ)が行なわれました.また,客室内では,出口ドア(前ドア)のドアステップ危険区域表示の明確化,前ドア脇にハンドスコッチ入れの設置など,1次車から変更点が確認できます.
 今回の2両の導入により,全在籍車両数58両(事業用車両を含む)のうち17両が低床車両となりました.

写真:騎射場—鴨池間にて 2019-3-1
投稿:冨吉 郷太

2019年3月2日掲載