キヤE193系「East i-D」が,えちごトキめき鉄道線を検測

キヤE193系「East i-D」が,えちごトキめき鉄道線を検測

えちごトキめき鉄道では,2019(平成31)年2月14日(木),JR東日本秋田車両センター所属のキヤE193系「East i-D」が,日本海ひすいラインの検測を行ないました.折返しのため,あいの風とやま鉄道泊駅まで入線しています.
 キヤE193系「East i-D」は,2017(平成29)年5月22日(月)に,わたらせ渓谷鐵道 水沼—花輪間にて脱線し,キヤE192-1の修繕中はキヤE193-1とキクヤE193-1の2両編成による検測が続いていました.キヤE192-1の修繕が完了したことから,2018(平成30)年12月下旬には,キヤE193-1+キヤE192-1+キクヤE193-1の3両編成で,秋田総合車両センターで構内試運転を行ない,3連での運用に戻っています.

写真:泊〜市振間にて 2019-2-14
投稿:祖谷 精一郎