ビコム,「大阪環状線と関西の鉄道ネットワーク」を2月21日に発売

ビコム,「大阪環状線と関西の鉄道ネットワーク」を2月21日に発売

ビコムでは,「大阪環状線と関西の鉄道ネットワーク 大都市圏輸送の担い手たち ドキュメント&前面展望 2011年の記録」を2019(平成31)年2月21日(木)に発売します.
 本作は人気の旧作を購入しやすい価格で再発売する「ベストセレクション」シリーズです.
 ドキュメント編では,大阪環状線を形成する19の駅と区間をさまざまな角度で取材.他路線との分岐・立体交差や,323系への置き換えが始まった201系,2018(平成30)年春に引退した103系,大阪環状線を経由する快速などの特徴を紹介しています.このほかにも,廃止された大阪環状線唯一の踏切や,大阪環状線から分岐する路線,近郊の特急や私鉄,大阪市営地下鉄(当時)などの代表的な車両もあわせて紹介しています.
 前面展望編では,数を減らしつつある大阪環状線の201系運転台から,内回り・外回りの双方を収録.新装当時の大阪駅や特徴的なトラス橋など,大阪環状線ならではのシーンを満載し,2011(平成23)年当時の貴重な記録となっています.
※DVD版,ブルーレイ版とも,2011(平成23)年11月発売のものと同じ内容です.

■ビコムベストセレクション 大阪環状線と関西の鉄道ネットワーク
収録 ドキュメント編90分+前面展望編87分
価格 本体2800円(+税)
発売日 2019年2月21日
■ビコムベストセレクションBDシリーズ 大阪環状線と関西の鉄道ネットワーク
収録 ドキュメント編90分+前面展望編87分
価格 本体3000円(+税)
発売日 2019年2月21日
ご案内 ビコムWEBサイト
2019年2月11日掲載