京王,「東京八王子ビートレインズ」ヘッドマーク付き電車を2月1日から運転

京王,「東京八王子ビートレインズ」ヘッドマーク付き電車を2月1日から運転

京王電鉄では,2019(平成31)年2月1日(金)から3月9日(土)までの間(予定),プロバスケットボールチーム「東京八王子ビートレインズ」のヘッドマーク付き電車を京王線全線で運転すると発表した.

 これは,京王電鉄と同社沿線の八王子がホームグラウンドである「東京八王子ビートレインズ」が,2018(平成30)年シーズンからスポンサー契約を結んだことによって実現した.
 ヘッドマークは,3月8日(金)・9日(土)に開催される「京王電鉄マッチ 東京八王子ビートレインズVS香川ファイブアローズ」を宣伝するデザインで,8000系(1編成)に掲出される.

京王,「東京八王子ビートレインズ」ヘッドマーク付き電車を2月1日から運転

 試合会場「エスフォルタアリーナ八王子」の最寄り駅である京王線狭間駅では,1月30日(水)から,階段天井フラッグ装飾や上下線連絡通路にポスターを掲出し,駅構内を「東京八王子ビートレインズ」仕様にすることで,駅から試合を盛り上げる.
 また,3月8日(金)・9日(土)の試合各日には,京王グループの各キャラクターによるパフォーマンスや,東京八王子ビートレインズキャラクター「トレンチ―」と京王電鉄キャラクター「けい太くん」のコラボステッカーが配布される.

写真はいずれも京王電鉄提供

2019年1月25日掲載