伊予鉄道,郊外電車にデジタル液晶ディスプレイを導入

伊予鉄道,郊外電車にデジタル液晶ディスプレイを導入

伊予鉄グループでは,インバウンドに対応するため,郊外電車(全車両)にデジタル液晶ディスプレイを順次導入すると発表した.
 ディスプレイは,1両に2機設置し,次の停車駅などを英語表記とともにフルカラーで表示する.

 また,長期滞在促進のため,「4日間」乗り放題チケットを2019(平成31)年3月1日(金)から発売する.券種は郊外・市内電車全線バス全線(一部除く)が対象の「ALL IYOTETSU 4Day Pass(大人4500円,小児2250円)」と,市内電車全線が対象の「市内電車4Dayチケット(大人1600円,800円)」で,いずれも特典として,「いよてつ高島屋」の大観覧車「くるりん」が1回無料(シースルーゴンドラ除く)となる.なお,現在発売している「ALL IYOTETSU Pass」「市内電車 チケット」の1Day・2Day・3Day各種については,価格を改定する.

写真:伊予鉄道のニュースリリースから

2019年1月25日掲載