JR四国,“四国まんなか千年ものがたり”などの運転計画を発表

JR四国キハ185系「四国まんなか千年ものがたり」

写真:JR四国キハ185系「四国まんなか千年ものがたり」  松本洋一撮影  多度津工場にて  2017-1-24(取材協力:JR四国)

JR四国では,観光列車“四国まんなか千年ものがたり”などの「ものがたり列車」の2019年度上半期(4月~9月)の運転計画を発表した.

 “四国まんなか千年ものがたり”は,毎週金曜・土曜・日曜と祝日に運転する.4月7日(日)は,運転開始2周年記念イベント「あなたのしあわせものがたりかなえます」での使用のため,また4月30日(火),5月1日(水)は,食事提供施設定休日などの理由により運転は行なわない.上半期の運転日数は合計84日(前年同期比1日減)となる.

JR四国キロ47形「伊予灘ものがたり」

写真:JR四国キロ47形「伊予灘ものがたり」  松本洋一撮影  多度津工場にて  2014-7-1(取材協力:JR四国)

 “伊予灘ものがたり”は,毎週土・日曜日と祝日のほか,5月(31日を除く),7月,8月に運転し,上半期運転日は64日(前年同期比1日減)となる.なお,5月27日(月)から6月28日(金)までの間は,車両検査期間のため,また4月30日(火),5月1日(水)は,食事提供施設定休日などの理由により運転は行なわない.
 “しまんトロッコ”は,3月21日(木祝)から6月を除く9月末までの土曜・日曜・祝日と7月20日(土)から8月25日(日)まで毎日運転し,上半期運転日は79日(前年同期比2日増)となる.また,これまで臨時列車で運転していた“しまんトロッコ”を,2019年春から定期普通列車に連結して運転する.あわせてトロッコ車両への乗車区間が変更となる(トロッコ車両への乗車には,引き続き指定席券が必要).
 “志国高知幕末維新号”は,3月21日(木祝)から5月末までの土曜・日曜と祝日に運転し,上半期運転日は27日(前年同期比3日減)となる.
 「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」は,3月16日(土)から31日(日)までの毎日と4月から9月末までの土曜・日曜・祝日,夏休み期間を中心に運転し,上半期運転日は107日となる.  「ゆうゆうアンパンマンカー」は,特急“うずしお”9号と特急“剣山”5号・7号・8号・10号に連結し,3月2日(土)から9月末までの土曜・日曜・祝日と夏休み期間を中心に運転する.なお,6月3日(月)から7月12日(金)までは車両メンテナンス期間のため運休し,上半期運転日は101日となる.