JR西日本・“La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)”,2019年4月から9月までの運転計画を発表

JR西日本213系7000番台「La Malle de Bois」

JR西日本は,瀬戸内エリアで運転している観光列車“La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)”について,2019(平成31)年4月から9月までの運転計画を発表した.
 運転日は65日間で,7月6日・9月7日を除く毎週土曜日とゴールデンウィーク・お盆期間に“ラ・マル せとうち”として岡山—宇野間,毎週日曜日に“ラ・マル しまなみ”として岡山—尾道間,さらに,4月29日(月祝)から5月1日(水祝),7月15日(月祝)・19日(金),8月12日(月休),9月16日(月祝)・23日(月祝)は“ラ・マル ことひら”として岡山—琴平間で,それぞれ運転する.
 車内では引き続き,限定商品として地元特産品とコラボした特別なお土産・飲食物である「ご当地のいいもの」をカウンターで販売するほか,瀬戸内の旬のフルーツを使用した「旅するせとうちスイーツBOX」が発売される.なお,「旅するせとうちスイーツBOX」の購入方法をについては,2019(平成31)年4月乗車分から,乗客が直接製造会社に予約注文し,乗車当日に車内カウンターで受け取るスタイルに変更する.

写真:JR西日本213系7000番台「La Malle de Bois」  松本洋一撮影  2016-4-7(取材協力:JR西日本)

※写真はイメージです.

掲載

鉄道ファン2019年2月号