東武,4月13日からSL「大樹」に14系「ドリームカー」を導入

東武,4月13日からSL「大樹」に14系「ドリームカー」を導入

東武鉄道は,2019(平成31)年4月13日(土)から,JR北海道で活躍していた14系「ドリームカー(オハ14 505)」1両を,SL「大樹」に導入すると発表した.
 「ドリームカー」は,夜行急行用車両として1988(昭和63)年から,JR北海道内の急行“まりも”に連結され,その後2016(平成28)年に廃止されるまで急行“はまなす”などで使用されていた.

東武,4月13日からSL「大樹」に14系「ドリームカー」を導入

 車内はグリーン車同等の座席のほか,車端部にはラウンジもあり,昭和から平成を駆け抜けた夜行急行列車へのノスタルジーを感じられる車両となっている.
 現在,SL「大樹」の客車はJR四国から譲渡された14系客車3両編成での運転が基本だが,4月13日(土)以降は,年間運転日のうち約40日間について,中間の車両を「ドリームカー」に差し替えた3両編成での運転を予定している.
 なお,SL(DL)座席指定料金については,「ドリームカー」導入後も現行料金から変更されない.

写真はいずれも東武鉄道のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2019年2月号