トミーテック,広島電鉄900形を「鉄道コレクション」で製品化

トミーテック,「鉄道コレクション」広島電鉄900形を製品化

トミーテックは,「鉄道コレクションシリーズ」のうちオープンパッケージ商品の新製品として「広島電鉄900形」の製品化を発表しました.
 900形はもと大阪市電の2601形で,大阪市電時代に冷房化され,正面中央窓が開閉するように改造が実施されていました.広島電鉄では1969(昭和44)年から運転を開始しました.
 製品は,正面中央窓の形状違いで911号車と912号車の2種類が製品化されます.方向幕は911号車が「8号線 横川駅」,912号車が「7号線 広電前」を印刷済みとなります.

写真:手塗りによるサンプル 編集部撮影(取材協力:トミーテック)

スケール 1/150
※塗装組立済
内容・価格 ●広島電鉄900形 911号車... 2500円(税抜)
●広島電鉄900形 912号車...2500円(税抜)
■オプションパーツ
●動力ユニット 大型路面電車用 TM-TR-04...3200円(税抜)
仕様 オープンパッケージ
発売時期 2019年5月(予定)
※価格・発売時期は変更となる場合があります.
ご案内 「鉄道コレクション 広島電鉄900形」製品情報(トミーテック「ジオコレ」WEBサイト,PDFファイル)
掲載

鉄道ファン2019年2月号