江ノ電で「情報発信トレイン」運転

access_time
2019年1月10日掲載
江ノ電で「情報発信トレイン」運転

江ノ島電鉄では,2018(平成30)年12月21日(金)から,ラッピング車「情報発信トレイン」が運転されています.
 これは,江ノ電沿線の魅力をPRするために運転されているもの.車両は1000形1101編成が使用されており,江の島を中心とした植物の,若葉から深緑,紅葉までの1年間の色相をボーダーパターンに仕上げたデザインのフルラッピングが施されています.また車内は,中つりなどの広告が一切掲示されず,江ノ電沿線の美しい風景や魅力を伝える写真などが掲示されています.
 同社では2006(平成18)年4月から2017(平成29)年1月まで情報発信トレイン「S・K・I・P 号」(2012年に「スキップえのんくん号」に改名)が,今回の車両と同じ1000形1101編成で運転されていましたが,デザインはその時とは異なるものとなっています.

写真:七里ヶ浜—稲村ヶ崎間にて 2019-1-5
投稿:金子 聡