小田急,3月16日から下北沢駅小田急中央口の供用を開始

小田急,3月16日から下北沢駅小田急中央口の供用を開始

小田急電鉄では,2019(平成31)年3月16日(土)始発から,小田原線下北沢駅小田急中央口の供用を開始すると発表した.

 これは,小田急小田原線(代々木上原—梅ヶ丘間)の連続立体交差事業と複々線化事業の進ちょくにあわせて新設されるもので,接続する京王電鉄の改札口と小田急電鉄の改札口を分離する.これにより,小田急下北沢駅の改札口は,新設される小田急中央口と東口,南西口の3ヵ所となり,東西方向の自由通路機能が確保されるとともに,街の回遊性の向上を図る.

小田急,3月16日から下北沢駅小田急中央口の供用を開始

 小田急中央口は,自動改札機8台・有人改札口・自動券売機3台・チャージ機1台・自動精算機1台が設置される.また,2018年度中に,地上1階と地下1階,地下1階と地下2階を結ぶエスカレータがホームの新宿方に設置される.
 また,下北沢駅では,ホームドアが設置予定で,地下1階ホームは2018(平成30)年度中,地下2階ホームは2020年度中の使用開始を予定している.
 このほか,小田急線下北沢駅舎2階の商業施設整備をはじめ,下北沢地区における鉄道工事完了個所の上部利用工事については,決定次第発表される.

写真はいずれも小田急電鉄のニュースリリースから

掲載