JR東海,4月1日から主要駅で「e5489」で予約したきっぷの受取りが可能に

JR東海キハ85系

写真:JR東海キハ85系  編集部撮影  名古屋運転区にて  1992-1-21(取材協力:JR東海)

JR東海 383系

写真:JR東海383系  編集部撮影  神領電車区にて  1996-10-7(取材協力:JR東海)

JR東海では,2019(平成31)年4月1日(月)以降,JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」で予約や変更操作を行なった在来線特急などのきっぷについて,主要駅の指定席券売機などで受取り可能とすると発表した.
 対象は,“ひだ”・“南紀”・“しなの”などの在来線特急や,東海道新幹線と在来線の乗継割引を適用したきっぷで,予約したきっぷの乗車区間にJR東海エリアが含まれる場合に,受取りができる.
 また,JR西日本の訪日利用客向けインターネット予約サービス「JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION」で予約した“ひだ”・“南紀”・“しなの”などの在来線特急と東海道新幹線のきっぷなどについても,同様に主要駅での受取可能とする.
 ただし,各サービスとも“ふじさん”・“サンライズ瀬戸”・“サンライズ出雲”などの一部列車については,対象外となる.

2018年12月20日掲載