京阪,1月17日から「おでんde電車」&「ビールde電車」のラッピング電車を運転

京阪,1月17日から「おでんde電車」&「ビールde電車」のラッピング電車を運転

京阪電気鉄道は,2019(平成31)年1月17日(木)から2020年8月までの間,石山坂本線(石山寺—坂本比叡山口間)の名物企画である,季節限定のイベント列車「おでんde電車」と「ビールde電車」のラッピング電車を運転すると発表した.

京阪,1月17日から「おでんde電車」&「ビールde電車」のラッピング電車を運転

 「おでんde電車」と「ビールde電車」は,それぞれ冬季・夏季の風物詩として,石山坂本線を走る電車に揺られながら,温かいおでんや冷たいビールを味わえる企画で,今回,石山坂本線を走る700形車両に,「おでんde電車」「ビールde電車」のキャラクターをかわいらしくあしらったラッピングを施すことで,大津線の魅力をPRする.
 なお,今季の「おでんde電車」は,2019(平成31)年1月17日(木)から2月23日(土)までの木曜・金曜・土曜に開催し,月曜・火曜には貸切運行も実施する.12月21日(金)から予約申込を開始し(鉄道イベント11月24日掲載記事参照),開催期間中はラッピング電車に特製ヘッドマークも掲出する.

2018年12月20日掲載