JR西日本,岡山・大阪・高槻に可動式ホーム柵を設置へ

新神戸駅の可動式ホーム柵

新神戸駅の可動式ホーム柵

高槻駅の可動式ホーム柵

高槻駅の可動式ホーム柵

JR西日本では,岡山,大阪,高槻の各駅で,可動式ホーム柵を設置すると発表した.
 岡山では山陽新幹線の22・23番のりばに,高さ約1.35m,最大開口約5.7mのものを設置する.柵延長は1のりばあたり約400m.使用開始時期は,22番のりばが2019年12月ごろ,23番のりばが2020年春ごろを予定している.
 大阪では大阪環状線の1・2番のりばに,高さ約1.3m,最大開口約3.5mのものを設置する.柵延長は1のりばあたり約160m.使用開始時期は,2020年春ごろを予定している.
 高槻では,緩行線の3・4番のりばに,高さ約1.3m,最大開口約3.3mのものを設置する.柵延長は1のりばあたり約140m.使用開始時期は,2021年春ごろを予定している.

写真:JR西日本のニュースリリースから

2018年12月20日掲載