JR貨物 北陸線(敦賀—敦賀港間)の鉄道事業廃止届を提出

JR貨物 北陸線(敦賀—敦賀港間)の鉄道事業廃止届を提出

JR貨物では,同社の第1種鉄道事業線区である北陸線の敦賀—敦賀港間(2.7km)の鉄道事業廃止届を,2018(平成30)年12月18日(火)に国土交通大臣に提出した.これにより,同区間は2019(平成31)年4月1日(日)に路線廃止となる.
 同区間では,発送量が大幅に減少したため,2009(平成21)年度に敦賀港駅におけるコンテナ取扱いの形態を,列車からトラックに変更して行なう「敦賀港オフレールステーション」(現在は「敦賀港新営業所」)に改めた.以降,輸送需要の拡大に取り組んだものの,列車の運転再開に見合う需要を見込める状況には至らないことから,2016年(平成28)4月から同区間の事業を休止し,その後,事業の廃止を含めた検討および,同区間を廃止した場合の再活用について関係自治体と協議を続けてきた.
 しかし,引き続き列車の運転再開に見合う需要が見込めず,また,同区間の事業廃止について関係自治体との協議において確認が取れたことから,今回の届出となった.
 なお「敦賀港新営業所」におけるコンテナ貨物の取扱いについては,引き続きトラックでの輸送を継続する.

図:JR貨物のニュースリリースから

2018年12月20日掲載