東武鉄道,3月16日に鬼怒川線などでダイヤ改正を実施

東武鉄道 C11 207号機

東武鉄道では,2019(平成31)年3月16日(土)に鬼怒川線にて運転している「SL大樹」の運転ダイヤ変更を中心に,一部の特急列車・日光線・鬼怒川線でダイヤ改正を実施すると発表した.

 「SL大樹」は,2号から6号までの運転時刻を繰り上げることで,利便性を向上させる.
また,運転時刻を繰り上げる「SL大樹」6号からの乗り継ぎと,特急列車の運転間隔の適正化を図るため,特急“きぬ”146号の始発駅・運転時刻を見直し,東武日光始発の特急“けごん”46号とする.これにあわせて特急“きぬ”133号鬼怒川温泉行きは,特急“けごん”33号東武日光行きに変更する.
 会津・鬼怒川温泉方面は,会津田島16:37発の普通列車の運転時刻を見直し,特急“けごん”46号と下今市で接続させることで,会津・鬼怒川温泉方面からの特急列車への乗り継ぎを改善する.これにともない,当該時間帯の会津田島—浅草間の所要時間が大幅に短縮され,会津エリアでのスキー利用や尾瀬観光における利便性を向上させる.
 日光線・鬼怒川線では,「SL大樹」と一部特急列車の運転ダイヤの変更にともない,日光線と鬼怒川線の普通列車(一部)の運転時刻などを変更する.

写真:C11 207  編集部撮影  東武鉄道南栗橋車両管区にて(取材協力:東武鉄道)

※写真はイメージです.