×

東京メトロ千代田線・東西線,3月16日にダイヤ改正を実施

東京メトロ16000系

東京地下鉄(東京メトロ)は,2019(平成31)年3月16日(土)に千代田線と東西線でダイヤ改正を実施すると発表した.

 千代田線では,今回のダイヤ改正にあわせて,北綾瀬で10両ホーム運用が開始される.これにより,北綾瀬—綾瀬間は3両編成の区間列車による運転に加え,一部10両編成の列車での運転となり,一部列車を除き10両編成列車で北綾瀬から代々木上原方面へ利用の際は,綾瀬で乗り換えることなく,そのまま乗車することが可能となる.
 朝ラッシュ時間帯(7時~8時台)は,綾瀬始発列車13本のうち5本が北綾瀬始発に変更され,日中時間帯は綾瀬始発6本中,3本が北綾瀬始発となる.北綾瀬を着発する一部の10両編成列車は,小田急線との直通運転が行なわれる.
 このほか,夕夜間時間帯に列車の増発が実施される.平日の17時台~23時台に綾瀬—代々木上原間で10往復,土休日の16時台から21時台に綾瀬—代々木上原間で9往復が増発され,それぞれ一部の列車が北綾瀬まで直通する.

 東西線では,平日朝ラッシュ前の時間帯で列車増発と区間延長が行なわれる.
 5時台は,東陽町発中野行きを1本増発,東陽町始発中野方面行き列車のうち1本を西船橋始発として西船橋—東陽町間を延長運転する.6時台は,浦安始発中野行きを2本運転するほか,東陽町—中野間で2往復を増発する.

 

写真:東京地下鉄16000系  編集部撮影  綾瀬車両基地にて  2010-8-31(取材協力:東京地下鉄)