JR西日本,3月16日にダイヤ改正を実施

JR西日本 N700系7000番台

JR西日本では,2019(平成31)年3月16日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 山陽新幹線では,最速達タイプの“みずほ”を1往復増発し,6往復から7往復とする.また,東海道新幹線の速達化により,東海道・山陽新幹線を直通する一部“のぞみ”の所要時間が,東京—岡山・広島間で最大4分,東京—博多間で最大3分,それぞれ短縮される.小倉発17時台から18時台の列車においては,“さくら”の運転時刻を変更し,あわせて小倉始発の“こだま”(全車自由席)の設定時刻を見直すことで,待ち時間を短縮する.博多南線では,11時台から19時台に発車する列車をおおむね1時間間隔とする.

JR西日本W7系

 北陸新幹線は,夕時間帯に上野始発の臨時“かがやき”を新設し,一部の“つるぎ”について,時刻の見直しを行なう.
 北陸エリアでは,特急“サンダーバード”を夕方に1往復増発する.これにあわせて,一部の特急“サンダーバード”や特急“能登かがり火”の時刻や停車駅の見直しを行なうほか,特急“おはようエクスプレス”と“おやすみエクスプレス”の運転区間を敦賀まで拡大する.普通列車については,ワンマン運転拡大など,輸送体系を見直す.

 近畿・京阪神エリアでは,おおさか東線の新大阪—放出間の開業により同線が全線開通となる.東海道本線(JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線)では,野洲—網干・姫路間を運転する一部の新快速に有料座席サービス『新快速「Aシート」』を導入する.また,姫路—大阪間には,289系による通勤特急“らくラクはりま”を1往復新設する.“びわこエクスプレス”については,通勤利用が多いことから,通勤特急“びわこエクスプレス”に名称を変更する.山陰本線(嵯峨野線)では,京都—丹波口間に「梅小路京都西」が開業し,日中時間帯では普通電車が1時間あたり4本停車する.片町線(学研都市線)「東寝屋川」については,「寝屋川公園」に改称する.
 和歌山地区では,特急“くろしお”の日根野に停車する本数を増やし,上下36本中31本が日根野に停車する.また,桜井線(万葉まほろば線)・和歌山線に新形車両227系を順次投入する.
 北近畿エリアでは,福知山線(JR宝塚線)の広野—南矢代間の各駅で,列車乗降口のドアを自動から半自動扱いとする.山陰本線は園部—福知山間で一部,列車の行先を変更する.
 岡山地区では,福山と三原で山陽新幹線と山陽本線との接続を改善する.山陽本線の朝の通勤通学時間帯では,快速“サンライナー”2本を各駅停車に変更する.宇野線・本四備讃線では,普通列車の列車体系を見直す.

JR西日本 227系

 広島地区では,広島近郊エリア(山陽本線 三原—岩国間,呉線 三原—海田市間,可部線 横川—あき亀山間)への227系の投入が完了し,すべての列車が227系での運転となる.美祢線については,データイムにおける厚狭での新幹線乗換え時間を一部改善する.
 山陰地区では,快速“とっとりライナー”の鳥取—倉吉間,快速“アクアライナー”の江津—浜田間で一部列車を各駅停車とするなど,停車駅の見直しや利用が少ない一部列車の運転を取りやめる.

写真上:JR西日本 N700系7000番台  編集部撮影  博多総合車両所にて  2008-10-14(取材協力:JR西日本)
写真中:JR西日本W7系  編集部撮影  白山総合車両所にて  2014-6-22(取材協力:JR西日本)
写真下:JR西日本227系  編集部撮影  近畿車輛本社にて  2014-9-26(取材協力:JR西日本・近畿車輛)