JR四国,3月16日にダイヤ改正を実施

JR四国8600系

JR四国では,2019(平成31)年3月16日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 本四備讃線・予讃線では,“のぞみ”のダイヤ見直しにより,松山を9時台から16時台に発車する特急“しおかぜ”から,“のぞみ”への接続が改善され,松山・新居浜方面から東京・新大阪方面への所要時間が大幅に短縮される.特急“しおかぜ”・“いしづち”21号の併結を行なう駅は宇多津から多度津に変更し,岡山・高松方面から丸亀・多度津への速達性・利便性向上を図る.
 土讃線では,特急“南風”19号の停車駅に宇多津を追加するほか,特急“南風”・“しまんと”の運転区間を見直す.
 高徳線・徳島線は,特急“うずしお”33号の停車駅にオレンジタウンを追加する.また,特急“剣山”6号の阿波池田発車時刻を約1時間程度繰り上げ,高知方面から徳島への利用客の滞在時間拡大を図る.
 牟岐線ではパターンダイヤを導入し,徳島—阿南間の9時台から19時台,阿南—海部間の10時台から15時台に運転する普通列車の発車時刻を統一する.また,徳島—阿南間を運転する普通列車を8本増発する.さらに,徳島バスと協力し,高速バス(室戸・生見・阿南大阪線)が阿南—海部間のバス停留所(阿南駅・橘営業所・由岐・日和佐・牟岐・浅川・海部,(宍喰・甲浦)で乗り降りが可能となる.これにより,阿南などで鉄道と高速バスを乗換えることで,徳島—海部間で移動する際の利便性を向上する.
 このほか,一部の特急列車で指定席が新設される.また,利用状況にあわせて,本四備讃線,予讃線,土讃線,高徳線,牟岐線,徳島線の一部列車の運転取止め,設定時刻,行先などを変更する.

写真:JR四国8600系  編集部撮影  高松運転所にて  2015-10-19(取材協力:JR四国)

※写真はイメージです.

2018年12月14日掲載