京阪,2020年度から3000系に「プレミアムカー」を導入

京阪,2020年度から3000系に「プレミアムカー」を導入

京阪電気鉄道は,2017(平成29)年8月に8000系車両に導入した座席指定特別車両「プレミアムカー」について,2020年度から3000系車両にも導入すると発表した.

京阪,2020年度から3000系に「プレミアムカー」を導入

 同社では現在,8000系車両全編成(8連10本)において,6号車(京都方から6両目)に「プレミアムカー」を組み込み,サービスを展開しているが,2020年度中に3000系車両全編成(8連6本)にも導入する.3000系用の「プレミアムカー」6両は新造とし,8000系と同じく6号車に組み込む.座席は2列+1列の座席配置で合計40席設置する.これにより,昼間時には原則としてすべての特急列車(1時間あたり上下各6本)に「プレミアムカー」が導入される予定.

京阪,2020年度から3000系に「プレミアムカー」を導入

 3000系「プレミアムカー」では,8000系「プレミアムカー」との調和をとりつつも,3000系車両(コンフォート・サルーン)の基本色である「紺・白・銀」の組合せを活かしたデザインを考案.「紺(エレガント・ブルー)」を基調に,特別車両のエントランスとしての存在感をより際立たせる「金」を扉周りに取り入れたデザインとなる予定.

写真はいずれも京阪電気鉄道提供

掲載

鉄道ファン2018年12月号