東武,蒸気機関車の復元に着手

東武鉄道 C11 207号機

東武鉄道では,日本鉄道保存協会が静態保存していたC11形蒸気機関車について,動態保存を目的とした復元に着手すると発表した.蒸気機関車を動態保存用として復元するのは大手私鉄として初めての事例となる.
 今回復元予定のC11形蒸気機関車は,1947(昭和22)年に滋賀県にあった江若鉄道が発注,日本車輌製造にて製造されたもの.1957(昭和32)年からは北海道の雄別炭礦鉄道に譲渡され,1970(昭和45)年からは同じく北海道の釧路開発埠頭で貨物列車をけん引して活躍した.1975(昭和50)年に廃車後は,静態保存されていた.機関車番号は「C111」.
 同社では,全国の鉄道会社からの支援と協力を得て,2017(平成29)年8月から鬼怒川線において,約半世紀ぶりのSL復活運転を実施しているが,この事業の目的の1つに「鉄道産業文化遺産の保存と活用」を掲げている.今回,日本鉄道保存協会から一般財団法人東武博物館が譲り受けたC11形蒸気機関車の復元に挑戦し,日常の保守のみならず,SL全般の技術力をの向上を図る.
 復元完了は2020年冬の予定で,完了後は,現在鬼怒川線で「SL大樹」として運転している「C11 207」とあわせて2機体制となることで,C11 207の長期検査時などの場合でも,年間を通しての運転が可能となる.また,他線区でのイベント運転なども検討可能としている.

写真:現在,「SL大樹」をけん引しているC11 207  編集部撮影  東武鉄道南栗橋車両管区にて(取材協力:東武鉄道)

掲載

鉄道ファン2018年12月号