JR東日本,2019年春から中央本線特急に新たな着席サービスを導入

JR東日本E353系

JR東日本は,中央本線の特急“あずさ”・“かいじ”について,2019年春から臨時列車など一部を除いてE353系に統一し,新たな着席サービスを導入すると発表した.
 サービスは,常磐線の特急“ひたち”・“ときわ”で導入している着席サービスと同様のもので,列車・座席を指定する指定席特急券と,乗車日・区間のみを指定し,列車・座席を指定しない座席未指定券のいずれかを選択できる.座席未指定券で乗車した際は,座席上方ランプを確認し,空席を利用することができる.座席未指定券を購入後に乗車する列車が決定した場合は,指定席券売機やみどりの窓口で,追加料金なしで座席指定を受けることも可能.ただし,グリーン車については,サービス対象外となる.
 またサービスの導入にあわせて,特急料金を購入しやすい料金に設定するほか,スマートフォンや携帯電話から座席指定をし,駅で特急券を受け取らずにそのまま乗車できる「えきねっとチケットレスサービス」を開始する.
 さらに「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」についても新価格で設定するほか,早期の申込みでさらに乗車料金が安くなる「お先にトクだ値(乗車券つき)」を新規に設定する(利用には「えきねっと」の無料会員登録が必要).
 なお,着席サービスの導入にともない,現在,中央本線で設定している「あずさ回数券」・「中央線料金回数券」・「信州特急料金回数券」は発売終了となる.

写真:JR東日本E353系  編集部撮影  豊田車両センターにて  2015-8-23(取材協力:JR東日本)

※写真はイメージです.

掲載

鉄道ファン2018年12月号