JR西日本,2019年春から東海道本線新快速に有料座席サービス「Aシート」を導入

JR西日本,2019年春から東海道本線新快速に有料座席サービス「Aシート」を導入

JR西日本では,2019年春から東海道本線・山陽本線(JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線)の新快速列車の一部に有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表した.

「Aシート」
「Aシート」

 有料座席車両は,223系1000番台4連2編成の下り方先頭車,計2両を改造する.8連+4連で運転される新快速の9号車にあたる.定員は46名で,リクライニング機能・テーブル付きの座席を設置し,内装の工夫による,落ち着きのある空間を提供する.また,同社の在来線普通車初の設備として,全席にコンセントを設置するほか,無料Wi-Fiサービスの提供や,荷物スペースも設置する.
 利用する際は,乗車〜着席後,乗車整理券(1乗車500円)を乗務員から購入する必要がある.なお,支払い方法は交通系ICカードと現金に対応する.運転本数は1日上下4本で,サービス開始日,運転区間,運転時刻などの詳細については,詳細が決まり次第発表される.

写真はいずれもJR西日本提供

掲載

鉄道ファン2018年12月号