×

京三製作所「京急品川駅列車発車案内表示システム」がグッドデザイン賞を受賞

access_time
2018年10月4日掲載
京三製作所「京急品川駅列車発車案内表示システム」がグッドデザイン賞を受賞

京三製作所は,同社が京浜急行電鉄に納入した「京急品川駅列車発車案内表示システム」が2018年度「グッドデザイン賞」を受賞したと発表した.
 この案内表示システムは,列車発車案内表示のユニバーサルデザイン(UD)を目指した システムで,大形液晶ディスプレイを用いて情報を発信し,乗客が利用したい列車の運行状況やその列車の停車駅などが確認しやすい仕組としている.色彩は色覚障がい者に配慮した色の組合せを選定し,文字の書体には可読性の高いUDフォントを使用.また,目の不自由な方に配慮した音声アナウンスと外国人旅行者や耳の不自由な方への配慮から,ヤマハが開発した音のUD化支援システム「おもてなしガイド」 も採用している.
 行先の異なる路線が同じホームに混在し,言語が異なる外国人の利用が多く,案内の難しい駅において,ディスプレイの大形化と書体・色・レイアウトの見直しが効果的に働いている点,また,ホーム上の大きな面積を使った表示や「おもてなしガイド」を使用した言語対応など,総合的にシステムとしてわかりやすい案内を作り上げている点などが評価され,受賞に至った.

写真:京三製作所のニュースリリースから