JR東海,10月10日からN700S確認試験車の8両編成走行試験を開始

JR東海 N700S確認試験車

JR東海では,N700S確認試験車について,2018(平成30)年10月10日(水)から8両編成での走行試験を開始すると発表した.
 これは,「N700S」がさまざまな編成両数に変更可能である「標準車両」としての性能を確認するため,16両編成を8両編成に変更して走行試験を実施する.試験期間は約2ヵ月を予定している.8両編成での試験走行後は,2019年3月から16両編成での長期耐久試験,さらに2019年5月ごろからは,バッテリー自走システムによる時速約30kmの走行試験を予定している.
 なお,確認試験車を用いた基本性能試験については,2018(平成30)年3月から8月末までに16両編成での「地震時のブレーキ距離の更なる短縮」や「フルアクティブ制振制御装置による乗り心地向上」など必要な性能の確認を実施した.また,9月には,高速鉄道で世界初となるバッテリー自走システムによる走行試験を時速約5kmで実施し,機能に問題ないことが確認されている.

写真:JR東海N700S確認試験車  編集部撮影  浜松工場にて  2018-3-10(取材協力:JR東海)

※写真はイメージです.

掲載