富士フイルム,ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」を9月20日から発売

富士フイルム,ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」を9月20日から発売

富士フイルムは,「Xシリーズ」の最新モデルとして,ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」を2018(平成30)年9月20日(木)から発売します.
 「Xシリーズ」の第4世代モデルにあたるもので,小形軽量ボディに,新開発の裏面照射形2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサと,現行機種よりも約3倍の処理速度となる高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し,シリーズ史上最高の画質とAF精度を実現しています.「X-Trans CMOS 4」センサでは,位相差画素数が増加したことにより,像面位相差AFエリアは画面全域に拡大しています.富士フイルム独自の技術で多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」には,「モノクロ調整」機能が新たに加わりました.銀塩フィルムからの白黒プリント制作時に,暖色系・寒色系の表現方法として活用されていた「温黒調・冷黒調」を忠実に再現し,モノクロ撮影の表現の幅が広がります.
 電子ビューファインダー(EVF)の性能は進化し,動体追従性能が向上しています.メカニカルシャッターを用いた約11コマ/秒の連写では,従来必要であった別売りの縦位置バッテリーグリップを不要とし,ボディ単体で対応しています.軽量性を維持したまま高速連写撮影が可能です.動きのある被写体を捉えやすい「スポーツファインダーモード」機能が新たに搭載されています.画面に1660万画素(1.25倍クロップ)相当のフレームが表示され,同フレーム内の被写体を撮影することが可能で,被写体がフレームに入る直前から視認することができます.さらに,電子シャッターを使用することで,1660万画素相当のフレーム内を最速30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写を行なうことが可能です.電子シャッター特有のローリングシャッター歪みについては,これまでの機種よりも低減しています.
 さらに,色調豊かで滑らかな4K動画の記録が可能な4K/60P 4:2:2 10bit HDMI出力に,APS-Cサイズ以上のセンサを搭載したミラーレスデジタルカメラとして世界で初めて対応するなど,動画撮影機能も拡充しています.
 ボディカラーはシルバーとブラックの2種がラインナップされています.オープン価格で,富士フイルムの直販公式ショップ「フジフイルムモール」での9月9日における販売価格は184500円+税となっています.

ご案内:ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」製品情報(富士フイルムWEBサイト)

掲載

鉄道ファン2019年1月号

鉄道ファン2019年1月号(通巻693号)
発売日:2018年11月21日
特別定価(本体1139円+税)