伊勢鉄道イセⅢ形の行先表示器に変化

伊勢鉄道イセⅢ形の行先表示器に変化

伊勢鉄道では,イセⅢ形気動車4両(101,102,103,104)を保有し,運用していますが,筆者が同鉄道を利用した2018(平成30)年8月16日(木),車両のLED式行先表示器で,仕様に変化が見られることを確認しました.イセⅢ形は,登場時から行先表示器にLEDを採用しており,導入当初は「四日市」,「津」など,行き先である駅名のみを表示していましたが,現在は,駅名の横に「ワンマン」の文字が追加されています.

写真:鈴鹿にて 2018-8-16

掲載