長良川鉄道が全線で運転を再開

長良川鉄道が全線で運転を再開

長良川鉄道では,「平成30年7月豪雨」の影響により,梅山—湯の洞温泉口間で土砂崩れが発生し,運転を見合わせていた美濃市—郡上八幡間の運転が,2018(平成30)年8月1日(水)に再開されました.
 土砂崩れ発生区間では信号通信機器が損傷したため,美濃市—大矢間では手信号(指導通信式)による運転取扱いが行なわれています.そのため無人駅である大矢駅にも運転取扱いの係員が配置されています.信号設備が復旧するまでは,このような運転取扱いが続くものと思われます.

写真:大矢にて 2018-8-2

掲載

鉄道ファン2019年1月号