南武線稲田堤駅で自由通路新設と橋上駅舎整備へ

南武線稲田堤駅で自由通路新設と橋上駅舎整備へ

JR東日本と川崎市は,南武線稲田堤駅自由通路新設と橋上駅舎整備に係る工事の施行に関する協定を締結したと発表した.
 これは,鉄道による地域分断の改善と踏切を横断する駅利用者の安全性の確保など,および駅へのアクセス性の向上を目的としたもので,協定の締結期間は2018(平成30)年7月31日(火)から2024年3月31日までとなっている.
 自由通路は,工事延長約71m有効幅員5mで,エレベータ2基,エスカレータ4基を備える.橋上駅舎には,エレベータ2基と多機能トイレが設置される.総工費は33億円弱で,このうち32億6528万円を川崎市が負担する.

写真:2014(平成26)年度のデザイン投票で選出された外観のイメージパース(JR東日本のニュースリリースから)

掲載

鉄道ファン2019年1月号