キヤノン「PowerShot SX740 HS」を8月30日に発売

キヤノン「PowerShot SX740 HS」を8月30日に発売

キヤノンは,新映像エンジンDIGIC 8を搭載したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX740 HS」を2018(平成30)年8月30日(木)に発売します.
 「PowerShot SX740 HS」は,2017(平成29)年5月に発売された「PowerShot SX730 HS」の後継機種にあたるものです.
 奥行約39.9mm,質量約299gの薄形・軽量ボディに,広角24mmから望遠960mm相当(35mm判換算)の光学40倍ズームレンズとカメラ部有効画素数最大約2030万画素のCMOSセンサを搭載しており,幅広い撮影領域で高画質な撮影が可能です.デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」機能により,解像感を維持したまま約1920mm相当(35mm判換算)の望遠撮影ができます.
 新映像エンジン「DIGIC 8」の搭載により, AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒, AF・AE固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写が可能です. また, 高精細な4K動画/4Kタイムラプス動画の撮影ができ, 4K動画から高い解像感を維持したまま静止画を切り出すことも可能です.ボディカラーはシルバーとブラックがラインナップされます.
 オープン価格で,キヤノンオンラインショップにおける8月1日(水)時点での販売価格は48500円+税となっています.

掲載