JR東日本,桜木町駅に多段式ホームドアを導入

JR東日本,桜木町駅に多段式ホームドアを導入

JR東日本では,根岸線桜木町駅において2018(平成30)年8月9日(木)からホームドアの使用を開始すると発表した.
 今回ホームドアが設置されるのは1番線と4番線で,桜木町駅には,京浜東北・根岸線用の10両編成と横浜線から直通する8両編成の車両が停車するため,一部の車両でドア位置が異なる.その対応として,8号車(横浜方)付近には,従来よりも広い3.35mの開口幅に対応した多段式ホームドアがJR東日本では初めて導入される.

図:8号車付近に設置される多段式ホームドアのイメージ(JR東日本横浜支社のニュースリリースから)

掲載

鉄道ファン2018年10月号