千頭駅で「トーマス」・「ジェームス」・「ヒロ」・「パーシー」がせいぞろい

千頭駅に「トーマス」・「ジェームス」・「ヒロ」・「パーシー」が勢揃い

大井川鐡道とソニー・クリエイティブプロダクツは,2018(平成30)年7月19日(木),千頭駅において,「トーマス」のなかまたちが,せいぞろいするようすを報道陣に公開した.

ジェームスとトーマス

 大井川鐵道で「きかんしゃトーマス号」が運転されるのは2014(平成26)年から5年連続となり,年々にぎわいを増している.2018(平成30)年は,6月9日(土)から「きかんしゃトーマス号」の運転が始まり,「きかんしゃジェームス号」は7月21日(土)から運転が開始される.

川根温泉笹間渡

 19日(木)は,「きかんしゃトーマス号」と「きかんしゃジェームス号」の重連が客車7両をけん引し,新金谷—千頭間を往復.招待された地元の園児とともにトップハム・ハット卿も乗車した.

「トーマス号の転車作業」

 千頭駅では,2018(平成30)年6月9日(土)から10月14日(日)まで,『きかんしゃトーマスフェア』が開催中で,初登場となる,トップハム・ハット卿のレール点検車「ウィンストン」に乗車する「ウィンストンのレールライド」のほか,「トーマス号の転車作業」,「ヒロ・パーシーの運転台」,「ラスティーの遊覧貨車」などのイベントが実施されている.

トップハムハット卿

 19日(木)は,トップハム・ハット卿が登場し,「ウィンストン」とともに,「トーマス」・「ジェームス」・「ヒロ」・「パーシー」の前に立った.千頭駅には,「ラスティー」・「いたずら貨車」・「いじわる貨車」の姿もあり,大井川鐵道の「トーマス」のなかまたち全員が集結する初日となった.
 今後,「きかんしゃジェームス号」は9月2日(日)まで,「きかんしゃトーマス号」は10月14日(日)まで,それぞれ週末を中心に運転が行なわれる予定.

写真はすべて百々貴俊撮影(取材協力:大井川鐵道/ソニー・クリエイティブプロダクツ)

© 2018 Gullane (Thomas) Limited.

掲載