京急,「おもてなしガイド」を活用した駅施設での多言語案内サービスの検証を開始

「おもてなしガイド」アプリ

「おもてなしガイド」アプリ

日本語での表示画面例

日本語での表示画面例

京浜急行電鉄では,SoundUD推進コンソーシアムと連携し,「おもてなしガイド」を活用した駅施設での多言語案内について,2018(平成30)年7月初旬からサービス検証を開始したと発表した.同社では,ヤマハが開発した音響通信技術「Sound UD」を用いた音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」の鉄道分野での利活用に向けて,2015(平成27)年から,駅構内や車両内の放送装置を用いた技術検証を実施してきたが,今回はこれらの結果を踏まえた検証を行なう.
 サービスは,無料の「おもてなしガイド」アプリをスマートフォンなどにインストールし,アプリに音声トリガーを聞かせることで,駅の各改札口や発車番線などの案内を多言語の文字情報(日本語・英語・中国語・韓国語の4ヵ国語に対応)でスマートフォン上に表示させる.また,多言語サイトで提供している路線図,乗換案内,周遊券や企画乗車券などのお得なきっぷ,無料Wi-Fiなどの利用方法も簡単に確認できる.2018(平成30)年7月初旬からは,品川駅,羽田空港国際線ターミナル駅,羽田空港国内線ターミナル駅で対応を開始しており,今後は,京急線主要駅に順次展開する予定.なお,このような総合的な案内に「おもてなしガイド」を幅広く活用する取り組みは,鉄道会社では京浜急行電鉄が日本初とのこと.
 京浜急行電鉄では,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け,今回の駅改札口付近での案内や,駅ホームや車両内での案内放送,さらに,地震災害や輸送障害などを想定した緊急時の情報提供についても「おもてなしガイド」を活用したサービス検証を段階的に実施する予定.その効果や実用性を検証することで,訪日外国人旅行者などが快適に利用できる案内の実現に向けた検討を進める.

写真:京浜急行電鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年11月号

鉄道ファン2018年11月号(通巻691号)
発売日:2018年9月21日
定価(本体1046円+税)