東急「洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年」プロモーションにあわせてラッピング列車を運転

東急「洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年」プロモーションにあわせてラッピング列車を運転

東急グループは,1918(大正7)年に澁澤栄一が同グループの母体にあたる田園都市株式会社を設立してから2018(平成30)年で100年の節目を迎えることにあわせて,「洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年」プロモーションを展開すると発表した.また,これを記念して,洗足・大岡山・田園調布を沿線にもつ東急目黒線で運転される5080系の車体に,同グループのまちづくりをイメージしたデザインをラッピングする.

東急「洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年」プロモーションにあわせてラッピング列車を運転

 ラッピングデザインは,自然と調和した街の中の暮らしをイメージしたぬくもりのあるデザインとし,利用客が沿線の街に思いを向けるきっかけとなるようなメッセージも添えられている.運転期間は,2018(平成30)年8月下旬から2019(平成31)年3月末までの予定.
 また,「洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年」プロモーションでは,ロゴマークの作成や,特設WEBサイトの開設,記念シンポジウムも開催する.

写真:東京急行電鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年11月号