西武6000系6102編成の集電装置がシングルアームに

西武6000系6102編成の集電装置がシングルアームに

西武鉄道では,2018(平成30)年7月5日(木),6000系6102編成が武蔵丘車両検修場での検査を終え,試運転を兼ねて南入曽車両基地へ回送されました.同編成は,その後,新所沢16:24発の急行西武新宿行きから営業運転に復帰しています.
 今回の入場では,集電装置が20000系・30000系などと同じシングルアーム式へ交換されました.一方で,屋根上のベンチレーターはそのまま残されたほか,VVVFインバータ制御装置の機器更新は行なわれませんでした.

写真:新所沢にて 2018-7-5

掲載

鉄道ファン2019年1月号

鉄道ファン2019年1月号(通巻693号)
発売日:2018年11月21日
特別定価(本体1139円+税)