JR東日本・JR北海道・JR西日本 新たな新幹線IC乗車サービスを導入へ

JR北海道 H5系

写真:JR北海道H5系  編集部撮影  函館総合車両基地にて  2014-11-20(取材協力:JR北海道)

JR東日本E6系量産車

写真:JR東日本E6系量産車  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2012-11-23(取材協力:JR東日本)

JR西日本W7系

写真:JR西日本W7系  編集部撮影  白山総合車両所にて  2014-6-22(取材協力:JR西日本)

JR東日本・JR北海道・JR西日本の3社は,東北・北海道,上越,北陸,山形,秋田の各新幹線において,2019年度末を目標に新たな新幹線IC乗車サービスを導入すると発表した.
 このサービスは,あらかじめ利用者の交通系ICカードを選択・登録の上,スマートフォンなどから各社の予約WEBサイト(JR東日本・JR北海道の「えきねっと」,JR西日本「e5489」)で各新幹線の指定席または自由席を予約し,乗車日に交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで,新幹線をチケットレスで利用できるもの.同一列車・同一行程であれば,1回の予約で6名までサービスを利用できるほか,子どもも同様にIC乗車サービスを利用できる.また,各予約WEBサイトでは,運賃と料金が一体となった新幹線専用商品を発売する.
 サービス提供区間は,上記各新幹線全区間の停車駅相互間で,JR西日本の予約WEBサイト「e5489」では,北陸新幹線全区間の停車駅相互間となる予定.また,利用可能な交通系ICカードは「Suica」「Kitaca」「ICOCA」とし,そのほかの交通系ICカードでの利用や具体的なサービス開始日,価格などは,決まり次第発表される.なお,JR東日本の「モバイルSuica特急券」については,このサービスの開始にあわせて提供を終了する.

掲載

鉄道ファン2018年10月号

鉄道ファン2018年10月号(通巻690号)
発売日:2018年8月21日
定価(本体1046円+税)