JR西日本,6月30日から「ハローキティ新幹線」の運行を開始

JR西日本,6月30日から「ハローキティ新幹線」の運行を開始

JR西日本とサンリオでは,サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とコラボレーションした「ハローキティ新幹線」(鉄道ニュース3月14日掲載記事参照)について,2018(平成30)年6月30日(土)から運行を開始すると発表した.
 運転時刻は,2018(平成30)年9月までは,“こだま”730号(博多6:40発→新大阪11:13着)および“こだま”741号(新大阪11:29発→博多15:38着)で,いずれも毎日運転の定期列車として運行する.

1号車
1号車

 車内は,1号車を「HELLO!PLAZA」とし,西日本の各地域を期間限定で紹介する.また,地域の特色豊かな産品を中心に買い物ができるショップスペースや,地域の魅力にふれる映像コーナーを設置する.なお,2018(平成30)年7月から9月までは,同期間に開催される「山陰デスティネーションキャンペーン」にあわせ,「鳥取 ハローキティ」「島根 ハローキティ」のオリジナルペイントが出迎えるほか,期間中の鳥取県・島根県のイベントやスポットを紹介する.10月ごろからは,「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン・アフターキャンペーン」が開催される山口県がテーマとなる.

2号車
2号車

 2号車は,「KAWAII!ROOM」とし,JR西日本の新幹線では初となるハローキティ仕様の特別デザインの客室とする.旅の案内人「ハローキティ」と記念撮影ができるフォトスポットも設置する.
 車内チャイムについては,「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディとする.
 博多駅では,2018(平成30)年6月1日(金)から「ハローキティ新幹線カフェ(仮称)」がプレオープン予定で,6月30日(土)にはハローキティのグッズが手に入る「ハローキティ新幹線ショップ(仮称)」もオープン予定.
 さらに,スマートフォンを使ってチェックポイントを回る「WEBスタンプラリー」の実施や,ハローキティ新幹線にあわせたラッピングバス(中国JRバス)も運行予定で,詳細は,「ハローキティ新幹線」特設WEBサイトで発表される.

写真:JR西日本ニュースリリースから

©1976,2018 SANRIO CO., LTD.

掲載