JR東日本,7月1日から“あずさ”・“かいじ”の一部をE353系に置き換えへ

JR東日本E353系

JR東日本長野支社では,現在E257系で運転している特急“あずさ”・“かいじ”について,2018(平成30)年7月1日(日)から,一部列車をE353系に置き換えると発表した.
 E353系で運転されるようになるのは,“あずさ”の10往復中3往復,“かいじ”の12往復中9往復で,これにあわせてE353系63両(9両編成×7本)が導入される.今回の置換えによる運転時刻の変更はない.
 今後は順次置換えを進め,将来的には中央本線の特急列車のすべてがE353系での運転となる.なお,“あずさ”・“かいじ”で使用されているE257系0番台についてはリニューアルを行ない,東海道本線に導入される予定となっている.

写真:JR東日本E353系  編集部撮影  豊田車両センターにて  2015-8-23(取材協力:JR東日本)

掲載

鉄道ファン2018年9月号